FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小児科

風邪等をひいて病院にかかるとき、何年令迄の子どもを小児科に連れて行くべきか、何年令から内科に連れていくべきか悩んでしまいます。
一般的に日本では小児科の診察対象年齢齢は生まれてすぐの赤ちゃんから中学生迄となっています。
法律や健康保険において特に規定が有るわけでは有りません。
年令齢的に特に厳しい決まりは無いのですが、現実には中学生くらいに成ると、赤ちゃんと共に小児科の待合室で待つことに抵抗が有る子も出てくるため、大人と同じ内科を受診している場合も数多いやうです。

小児科とは子どもを対象として診察する科です。
大きな病院では数多くのの診療科と並び必ず小児科が設置されています。
小児科専門病院も有りますし、個人で開業している小児科医院も数多くの有ります。
少子化の昨今、小児科の経営は決して楽では有りません。
其れでも小児科を開業してくれるお医者さんがいるから、私たちは安心して子どもを育てていくことができるのです。

小児科で診察する病気にかんして言うと、小児科では子どもの病気全般を診察します。
ケガや骨折等外傷以外の疾患を総合的に全て診察しています。
子どもが病気になってどの診療科にかかるべきか悩んだら、まずは小児科を受診することをおすすめします。
小児科で診察をして、不可欠があれば適切な病院を小児科医が紹介してくれます。
発疹等の肌への症状がでた場合にも、子どもの場合は肌科よりもまず小児科を受診するようにしてちょうだい。
子どもの際、全身的な病気の一つとして皮膚に症状が出ている場合が数多いからです。


ベジミックスビューティ 通販
市井紗耶香 ベジミックスビューティ
ベジミックスビューティ 購入
ベジミックスビューティ 通販購入
ピューレパール通販

コメント

非公開コメント

プロフィール

えべいる

Author:えべいる
えべいるブログへようこそ!
毎日をワクワク生きる情報をお伝えします
ちょっとお付き合いください~

PR
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。