FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小児科の特徴

小児科の特徴について説明します。
他の診療科と小児科との違い、其れは小児科では子どもにかんする病気全般を診るため、全ての診療科に精通していることです。
当然小児科医は、全ての診療科にかんして知識を持ち、精通している不可欠が有ります。
子どもに対しては大人を対象とした診療科みたいに、内科や外科、肌科等と科が分かれていません。
その為子どもの体調が悪くなった時には、小児科医に全部の診療科の診察をしてもらうことに成るのです。

また子どもの体は大人とは違うので子どもに限定して診ると言うだけでも独立した診療科が不可欠なのです。
なぜなら子どもは1年令令年令令が違うだけでも体の状態が大きく違うからです。
つまり個々の年令令令齢において固有の症状が有るわけです。
ですから小児科医は全部の診療科だけではなく、年令令齢代ごとの特色にも精通していなければなら無いのです。
ちなみに人間は成人するとその後数十年令令齢間、身体状況が変わりません。
次に身体状況が変化するのは老化が始まるころに成ります。

さらに小児科のなかでも、乳幼児を診ている小児科医のケース、さらにその専門性が深く成ります。
乳幼児の時、自分の症状を説明することが出来ませんし、何処か痛いとしてもそこが何処なのかどういった痛みなのか具体的に示すことができ無いからです。
病気をしている本人のフレーズに頼らず、診察をして治療していかなければいけ無いため小児科医には経験の有るベテランの腕前が求められるのです。



脇の黒ずみ ピューレパール
生青汁 通販
mhm生青汁
生青汁 購入
生青汁 お酒

コメント

非公開コメント

プロフィール

えべいる

Author:えべいる
えべいるブログへようこそ!
毎日をワクワク生きる情報をお伝えします
ちょっとお付き合いください~

PR
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。