FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの年齢

小児科では15年令令令以下の未成年令令を対象として専門的な医療行為を行っています。
ではなぜ15年令齢以下と定められたのかその定義についてご説明します。
其れは子どもの体の成長が大抵15年令齢くらいで終わるからです。
だからといって15年になった際点で直ぐに小児科から他の診療科に変えると言うものでも有りません。
およその目安として受け止めればいいのです。

乳幼児のころは体が少しずつ成長するにつれて体の免疫パワーも変化してきます。
幼いころは体の抵抗パワーがすさまじく弱いため感染症などにかかる危険性が高く成ります。
つまり年令齢が小さい子ほど注意しなければいけ無いのです。
一般的には小学校に入学するころには、特別な病気を抱えてい無い限りほとんど心配無いとおもいます。

さらに小児科では何種類もの予防接種を行っています。
つまり感染症に関しての主なワクチン接種は小児科を受診している際期に完了すると言うことです。
生後1ヶ月以内を新生児、1年令以後を乳児と呼んでいます。
母乳を飲んでいる期間を指していますが、離乳食を食べるように成ると体の抵抗パワーも変化してきます。
中でも細菌性髄膜炎と言う感染症は2年令齢から4年令齢にかかりやすい病気です。
重症化すれば死亡する可能性もあるため怖い病気です。
先天性の疾患を抱えている子どもにかんしても小児科で診ることに成ります。
このような理由から小児科の対象年令齢を設定しているのです。

小さい子どもの場合特に夜中に急に熱を出すことが有ります。
病院へのかかり方がわから無い両親が深夜に病院に駆け込むこともたびたび有ります。
有る程度は仕方の無いことですが、数少無い小児科の当直医にとって多大成る負担となっているのが現状です。




看護師求人 ナースフル
ナースフル 看護師
ナースフル 公開求人
ナースフル 看護師募集

コメント

非公開コメント

プロフィール

えべいる

Author:えべいる
えべいるブログへようこそ!
毎日をワクワク生きる情報をお伝えします
ちょっとお付き合いください~

PR
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。