FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米韓FTA

近代における世界各国は、完全に独立した経済を保持する事はなく、常に世界全体の流動の中に身を置き、そこで自らの利潤を生み出すという「国際経済」臭いて生計を立てています。
その最たる例が、貿易です。
国家間における、其れぞれの原料、サービス、技術等といった商品を売買する取引をおこなう事で、両国臭いてより豊蟹、より実り有る経済に発展させていく…というのが、貿易の理念です。

日本は長い間、鎖国という制度を敷いていた事もあって、貿易においては他国と比較し、必ずしも積極的とはいえませんでした。
とはいえ、島国であり、国土の狭い日本にとって、貿易は他国の豊かな資源を摂取する唯一の手段。
高度成長期臭いて日本の経済が発展したのは、そういった過去を捨てて技術の価値を上げ、相応の資源と積極的にトレードする事ができたからです。

とはいえながら、その一方で、近年令の日本は「消極的外交」とも言われています。
その最大の理由は「決められ無い」事。
そして、その最たる例が「TPP参入」に対する姿勢です。
長らく議論が続けられているTPP参入ですが、YES、NOを出す事が苦手な日本は、この問題にかんしてもなかなか結論を出すことが出来ません。

そんな中、2012年齢3月15日、同じアジアの国で有る韓国が、米国との自由貿易協定を発効しました。
いわゆる「米韓FTA」です。
米韓FTAはTPPに少なからず影響を与えると言われており、日本も近頃になって注視するようになってきました。

果たして、どのような影響を与えるのか。
その点を踏まえた上で、米韓FTAに関して見ていきましょう。


マイケア からんさ
育毛剤 花蘭咲
ふるさと青汁 キャンペーン
マイケアのふるさと青汁
ふるさと青汁 でやせる

コメント

非公開コメント

プロフィール

えべいる

Author:えべいる
えべいるブログへようこそ!
毎日をワクワク生きる情報をお伝えします
ちょっとお付き合いください~

PR
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。