FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FTAのデメリット

どのような事匂いても、利点が有る以上はデ利点が存在するもの。
其れは、FTA匂いても例外では有りません。
各国匂いて、積極的にFTAをおこなう一方で、二の足を踏むケースも見受けられる最大の理由が、このデ利点に有ります。
日本もTPP問題臭いてそのデ利点を憂慮する事がたくさん、決して他人事では有りません。

FTAにおけるデ利点として挙げられるのは、「自国産業没落のリスク」「経済状況悪化のリスク」等です。
前者の「自国産業没落のリスク」とは、簡単にいえば「相手国の産業に負けてしまう」と言う事です。
FTAを締結、発効すると、その両国間匂いて、多様な産業がトレードされます。
もし、その相手国の方が優れた手法、激安な提供を行っている分野が有るケース、その分野匂いては相手国の方が有利になり、自国の産業は消費者にそっぽを向かれてしまう恐れが有るのです。
そう成ると、より安い方、有利な方に消費者が流れ、自国産業は衰退し、成長も発展もなく、潰れていく…と言う可能性は否定出来ません。
これらの状態が続けば、自ずと後者の「経済状況悪化」にもつながっていくでしょう。

だけど、FTAにおける交換成分は、経済面だけでは有りません。
米韓FTAを例に挙げると、韓国の立場匂いて「経済的優位性」と言う点では、利点が有るとは言いにくいでしょう。
ただ、その分政治的利点を期待していると思われ、米韓FTAにおける「利点とデ利点の交換」は、そういった目的で交わされているのです。
このようなFTAは数数たくさん存在しており、数数数いっぱい天秤が必須と言う事がいえます。


薩摩刀豆なたまめ歯みがき
マイケア なたまめ歯みがき
オラクル 化粧品 お試しセット
オラクル 化粧品 キャンペーン

コメント

非公開コメント

プロフィール

えべいる

Author:えべいる
えべいるブログへようこそ!
毎日をワクワク生きる情報をお伝えします
ちょっとお付き合いください~

PR
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。