FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

濃度による香水の分類

この世にはさまざまな香水を表すフレーズが有りますが、そのなかでも特に目にする機会が数多いフレーズとして、「パルファン」や「オーデコロン」といったものが有ります。
香水にかんする情報を見る機会が有る人は、たぶん一度くらいは目にした事が有るのでは無いでしょうか。
「パルファン」や「オーデコロン」といったフレーズは、濃度による香水の分類の際に使うするものです。

香水を濃度によって分類する際は、その香水の要因、アルコール、そして蒸留水の割合が大切となってきます。
全体のなかで、要因がどれだけの割合を占めているか、アルコールはどれくらい入っているかといったところで分類され、各々に名称がついているのです。
たとえば、要因濃度が15?20%、アルコールが75?80%、蒸留水が0?5%と、水がほとんど使われてい無い高濃度の香水の事を「パルファン」と言います。
このパルファンは「エクストレ」と呼ばれる事もあり、英語では「パヒューム」と言うフレーズに成ります。
あの好評女性ユニットの名前の由来でも有りますね。

濃度10?15%、アルコール80%、蒸留水5?10%の時は「オードパルファン」と呼ばれます。
又、濃度5?10%、アルコール80%、蒸留水15%の際は「オードトワレ」といい、ベビードールはこのオードトワレに分類されるケースが数多いやうです。
さらに、濃度2?5%、アルコール90%、蒸留水5?10%の香水には「オーデコロン」と言う名称が使われます。
オーデコロンの匂いがキツいと言われるのは、アルコールの割合が圧倒的に高いためです。

其れぞれ香りの保つ際間が異なり、パルファンは5?7際間持つのに対し、オーデコロンは1?2際間しか保つしません。
一般的に、保つ際間は要因の割合に比例するやうです。
オードトワレに分類されるベビードールの続ける際間は、比較的短めに成ります。



オイシックス レシピ
オイシックス 献立キット
リソウ リペアジェル
リペアファンデーション トライアル
ピンキープラス 通販

コメント

非公開コメント

プロフィール

えべいる

Author:えべいる
えべいるブログへようこそ!
毎日をワクワク生きる情報をお伝えします
ちょっとお付き合いください~

PR
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。